産業用の太陽光発電と家庭用の太陽光発電

太陽光発電は大きく分けると2つに分けることが出来ます。「産業用」「家庭用」の太陽光発電になります。この2つというのは同じ太陽光発電になりますが大きく違っているのです。

先ずは太陽電池モジュールが違います。太陽光発電に取り付けられている太陽電池モジュールが違いますので価格に関しても高くなってしまいます。どうして産業用の太陽光発電のシステムだと太陽電池モジュールに違いが出てしまうのか?それは設置方法などが大きく異なるからですビルの屋上などの風に強いところに設置することが多くなります。沿岸地域だと塩害の対応なども考えていかなければいけません。なので必然的に太陽電池モジュールも家庭用とは違うものを利用しないといけないのです。それ以外にもパワーコンディショナーも違います。

簡単に言ってしまいますと10kw以上の太陽光発電システムは産業用の太陽光発電。10kw未満の太陽光発電システムは家庭用というように認識していれば問題ありません。

産業用の太陽光発電は補助金の対象外となっています!

家庭用の10kw未満の太陽光発電システムに対しては国がきちんと補助金などを行っています。地方自治体からも補助金を得ることが出来る地域もあるのです。ですが、産業用の太陽光発電に対しては補助金は太陽外となっています。10kw以上の産業用太陽光発電システムは全量買取で20年間固定というシステムを国はとっています。補助金が出ないのであれば家庭用の太陽光発電の方が得をするのでは?と思われてしまうかもしれませんが全量買取というシステムを産業用の場合にはとっていますので長いスパンで考えれば産業太陽光発電のほうが得をするケースもあります!

産業用の太陽光発電の全量買取システムとは?!

家庭用の太陽光発電では基本的に余剰電力を電力会社に売電するというシステムをとっています。産業用の太陽光発電の場合には全量買取というシステムです。産業用の太陽光発電は発電した電力をその場では使わず全て電力会社に売るというシステムになっていると言えるでしょう。発電しているところで使わないと損をするのでは?と思われてしまうかもしれませんが…電力の売電価格と購入価格は違います。基本的に購入価格よりも売電価格のほうが高い。産業用で電力を作って売る。そして普通に電力会社の電力を購入する方が得をするシステムとなっているのです。

Copyright © 太陽光発電は一括比較見積もりから!産業用・家庭用太陽光発電の費用を比較. All rights reserved.